京都駅から西側に行ってみよう!エリア魅力発信WEB マガジン

京都鉄道博物館|企画展「鉄路を翔けた鳳凰~お召列車と貴賓室~」が5/16(木)〜7/15(月・祝)に開催!

EVENT

2019/5/16 ~ 2019/7/15

京都鉄道博物館|企画展


「鉄路を翔けた鳳凰~お召列車と貴賓室~」 

開催期間:5/16(木)〜7/15(月・祝) 

開催時間:10:00〜17:30 (入館は17:00まで)

鉄路を翔けた鳳凰

鉄道は開業以来、歴代の天皇・皇后の行幸啓に際して、主要な交通手段として用いられてきました。行幸啓に運行される「お召列車」、また駅到着時に休憩所となる「貴賓室」には、鉄道の知られざる一面があります。
本展では、新天皇即位を記念して、鉄道開業から今日に至るまで、行幸啓において鉄道が果たしてきた役割を、厳かに彩ってきた装飾品や貴賓室の特別なしつらえなどを通してご紹介します。

 

《展示構成》


<1.プロローグ~お召列車と貴賓室~>

本展のキーワードとなるお召列車に関する特別な用語などを紹介するとともに、展示の構成や見どころをご案内します。

 

<2.明治の行幸啓と鉄道>

鉄道開業と共にはじまった鉄道による行幸啓に焦点を当て、明治天皇が臨席された京阪神間の鉄道開通式(1877(明治10)年)の錦絵などをご紹介します。

 

主な展示資料:開業式を描いたイラストレイテッドロンドンニュース(1872年)

「西京停車場之図」(年代不明)

 

<3.大正から昭和前期の行幸啓と鉄道>

大正・昭和両天皇の御大典(ごたいてん)や大正天皇の御大喪(ごたいそう)に伴うお召列車の運行を支えた蒸気機関車や、大正天皇の御大典に合わせて整備された京都駅舎(二代目)について、当館ならではの資料を用いてご紹介します。

 

主な展示資料:大正天皇の御大典の際の「大禮記念章」及び「大禮記念章之證」(1915(大正4)年)

京都駅(二代目)の貴賓室のシャンデリア

 

<4.昭和後期から平成の行幸啓と鉄道>

戦後のお召列車の多くは、植樹祭や国体への臨席に伴う行幸啓に際して運行されてきました。利用する鉄道車両も電車や新幹線へと変化したことに伴い、貴賓室を備える駅も変化しました。駅ごとに異なる貴賓室のしつらえを調度品や写真を通してご紹介します。

 

主な展示資料:神戸駅、京都駅、新大阪駅の貴賓室応接セット

お召列車の牽引機装飾品

「東京汐留鉄道御開業祭礼図」

「東京汐留鉄道御開業祭礼図」(三代 歌川広重、1872(明治5)年)

鳳凰装飾

 

D51形758号機の除煙板に取り付けられた鳳凰の装飾
(1971(昭和46)年)

 

《企画関連イベント》


「学芸員解説ツアー」

本展を企画した学芸員が見どころを紹介しながら案内します。

■開催日:5月18日(土)・6月8日(土)・7月13日(土)

■開催時間:各日14:00 ~(約30分間)

■集合場所:本館2階 企画展示室

■参加費:無料※要入館料

■参加方法:開始時刻までに集合場所にお集まりください。

 

車両探検ツアー「マロネフ59形1号車」・「スシ28形301号車」


マネロフ

今月のワークショップは車両探検ツアーです。企画展「鉄路を翔けた鳳凰~お召列車と貴賓室~」に関連し、皇族・貴賓客用として製造されたマロネフ59形1号車と、同時代に製造されたスシ28形301号車を学芸員が詳しくご紹介します。
■開催日:5月11日(土)・5月12日(日)
■開催時間:①11:30~12:00 ②13:00~13:30

                 ③14:30~15:00 ④15:30~16:00
■開催場所:プロムナード(現地集合)
■定員:各回先着20名

 

5月の特別な車両公開「80系電車(クハ86形1号車・モハ80形1号車)」


80系電車クハ

当館では週末を中心に、月替わりで展示車両の車内を公開。今月の車両は、1950(昭和25)年に登場した日本初の長距離用直流電車です。車両前面のデザインやオレンジと緑に塗分けた特徴から「湘南形」と呼ばれ、車両塗装の多様化の契機ともなった車両です。当館の保存車両は正面に三枚窓があるトップナンバーです。
■開催日:5月1日(水)・2日(木)・5月の土曜日・日曜日・祝日
■開催時間:10:00~16:30(12:00~13:30は休止)※GWは9:30~
■開催場所:プロムナード

 

《開催概要》


■開催期間:2019年5月16日(木) 〜 7月15日(月・祝)

 

■休館日:毎週水曜日(5/1は開館)(祝日は開館)

 

■開館時間:10:00 ~ 17:30(4/27~5/6は9:30より開館)(入館は17:00まで)

 

■開催場所:京都鉄道博物館

 

■入館料:

  一般 1,200円

  大学生・高校生 1,000円

  中学生・小学生 500円

  幼児(3歳以上)200円

 

■お問合せ:京都鉄道博物館(ナビダイヤル:0570-080-462)

※受付時間:10:00~17:30

※一部のIP電話からはつながらない場合がございます。

 

■詳しくはホームページをご覧ください。※イベントは予告なく変更・中止となる場合があります。

※京都鉄道博物館ホームページはこちら

 

■前売入館券はJR西日本の主な駅のみどりの窓口(ご利用日の1ヶ月前の11:00から前日まで発売)や、全国のセブン・イレブン(セブンチケットにて当日12:00まで発売)にてお求めください。

 

■京都鉄道博物館には駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

 

■後援:京都府、京都市

 



一覧へ

PAGE TOP