京都駅から西側に行ってみよう!エリア魅力発信WEB マガジン

六孫王神社|「弁財天御開帳祭」が6/13(木)に開催!

EVENT

2019/6/13

六孫王神社|弁財天座像が御開帳されます!


「弁財天御開帳祭」

6/13(木)に開催

御開帳時間(一般公開):9:30〜17:00

(神事(9:00〜)のあとには、小豆ぜんざいも振る舞われます) 

 

弁財天御開帳祭

平安時代中期に建立された、清和天皇の孫・六孫王(源経基(つねもと) ※父は清和天皇の六男)を祀る京都市指定有形文化財の「六孫王神社」。経基の子満仲が邸宅跡に霊廟を建て六の宮と称したのが起こりで、その後源実朝夫人がここに寺を建て、その鎮守社となりました。

 

誕生水弁財天社

誕生水弁財天社

六孫王神社の境内中央の神龍池の側には、満仲誕生のおり、井戸上に琵琶湖の竹生島より弁財天を勧請し、安産を祈願し産湯に使ったといわれる「誕生水弁財天社」があります。

弁財天御開帳祭

「誕生水弁財天社」は、1年に1度だけ6月13日に御開帳され、一般の方でも特別に弘法大師作と伝えられる「弁財天御神像」のお姿を拝むことができます。(なお、神事は9:00より執り行われます)

 

ぜんざい

9:00より執り行われる神事に参加すると、ぜんざいとお茶のサービスも振るまわれます。

 

《六孫王神社|基本情報》


■建立:平安時代中期
■所在地:六孫王神社(京都府京都市南区壬生通八条角)
■拝観時間:終日

■拝観料:なし
■TEL:075-691-0310

■駐車場:あり(30台)

■交通アクセス:市バス 六孫王神社前下車 徒歩約2分

■ホームページ:六孫王神社

 



一覧へ

PAGE TOP