京都駅から西側に行ってみよう!エリア魅力発信WEB マガジン

京都駅西部エリアにある初詣スポットの神社のご紹介2019(1)|若一神社

EVENT

2019/1/01

京都駅西部エリアにある初詣スポットの神社 (1) 


「若一神社」

2019年新年初めの初詣。京都えきにしエリアの神社にも行ってみませんか

地元の人からも親しまれている、京都駅西部エリアの初詣スポットの神社「若一神社」をご紹介します。初詣をして、一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安、厄払い・厄除けや合格祈願、恋愛成就など、ご利益をを祈願してみませんか。皆様にとって平成最後の2019年が良い一年となるようお祈りしています。

若一神社

若一神社は、平安末期平清盛がここに別邸「西八条殿」を建て、紀州熊野の若一王子の御霊を祭ったのが始まりとされる神社です。それ以降、清盛が率いる平家の勢力がのびたことから、開運出世の神として崇められています。

若一神社

平清盛手植えの大楠

社殿前にある樹齢800年以上の大楠は、平清盛が太政大臣に任ぜられた感謝を込めて、自ら手植えしたものと伝えられています。西八条第が火災にあっても焼け残った、シンボルの大楠です。(写真上)

 

平清盛像

境内には束帯姿の平清盛像が設置されています。

銘水 若一神社神供水

境内には平清盛が熱病を冷やすために使ったと言われる御神水があります。古くから銘水として知られる地下水で、開運出世の水として、新生児誕生に際しての産湯としても有名。運が開けたなど御神水による様々な奇跡が広まり、水を汲む人々の跡が絶たない京の名水のひとつ。水のお持ち帰り自由です。

若一神社のおみくじや絵馬

若一神社のおみくじや絵馬

若一神社のお守り

得られたいご利益によって選ぶことができそうな、さまざまなお守り。

 

若一神社

【若一神社】


■建立:1166年(仁安元年)
■主祭神:若一王子
■境内社/摂社・末社:相生寿命社、弁財天社、松尾社、稲荷社、祖霊社、楠社
■所在地:京都市下京区七条御所ノ内本町98
■拝観時間:終日
■拝観料:なし
■交通アクセス:
JR京都線「西大路駅」下車、徒歩約5分
市バス「西大路八条」下車、徒歩約1分
■祈祷受付:予約回線075-313-8928

■ホームページ:若一神社

■facebook:若一神社



一覧へ

PAGE TOP